風俗写真プロジェクト 風俗広告代理店の撮影部

風俗,写真,撮影,動画,風俗カメラマン

室内での立ち姿に関して 錦糸町発デリヘル「ドンピシャ フルーちゅ」

      2018/04/06

「ドンピシャ フルーちゅ」プロフィール撮影

業種
デリバリーヘルス
エリア
錦糸町発
店名
ドンピシャ フルーちゅ
URL
http://ks.fruchu.com
コメント
風俗店の撮影では、いろいろと条件が限られてきます。
撮影する部屋もその一つです。室内で撮る場合、よほど広い場所でない限り、写真にとって余計な建具等が画面に入ってくる場合が多いかと思います。
ここで主に二つのものを入れないように気をつけたいのです。
建物の梁とカーテンレールです。
建物の梁は頭上にあると部屋が狭く感じられます。
カーテンの上辺が見えると、カーテンの面積の狭さゆえに窓が小さく見えます(天井直下から床までカーテンを吊るされていると大きな窓を暗示させます)。
人物が立つとカメラの位置が後退し、さらにやや見上げるようなアングルになることが多く、背景の上部が多く写ってしまいます。
梁とカーテンレールを画面から除外することで、圧迫感を弱め、天井の高い広い部屋に見せることができます。
ドンピシャ フルーちゅさんは主に手で口元を隠す写真。口元を隠す手の仕草のバリエーションと目の表情に気をつけて撮影いたしました。

お気軽にお問い合わせください


お問い合わせへ

 - 全て, 撮影事例

制作者:central-design